3回目の開催となる自転車安全整備士試験対策研修会を平成30年5月29日に青森市中央市民センターにて開催いたしました。
今回の受講者は東青支部2名、弘前支部1名の合計3名でした。

最初の分解作業はとても順調でした。しかし組立実技は皆さん大変苦戦していました。特にスポーク組みに大幅に時間を取られてしまう参加者もおりましたが、講師のマンツーマン指導により研修時間内に理解できたようでした。
参加者からは、今まで自己流で行っていた細かい部分の調整にも順番があり、その順番の仕組みが解り参考になったなどの感想がありました。
さらに昨年に引き続き講師として参加くださった八戸支部苫米地さんからは、試験当日の会場の雰囲気や注意すべき所などのアドバイスをいただき、大森専務理事からは試験本番に対しての細かなポイントの指導がなされました。最後に野宮副理事長より、終了の挨拶をもって閉会いたしました。
来年、第4回目となる研修会も開催予定となっておりますので、安全整備士の資格取得を目指す方はぜひご参加ください。